星5/アズリウスの詳細・評価・使用感|アークナイツ

2020年6月3日

星5/アズリウスの詳細・評価・使用感|アークナイツ

スキル・素質

スキル 効果
ダブルショット 次の通常攻撃時、敵2体に攻撃力の125%のダメージを与える
毒液装填 攻撃力+10%、通常攻撃で敵3体を同時に攻撃
素質 素質詳細
神経毒 敵に攻撃時、3秒間、1秒ごとに30の術ダメージを与える中毒状態にする
神経毒 敵に攻撃時、3秒間、1秒ごとに75の術ダメージを与える中毒状態にする

性能評価・使用感

性能評価:S


狙撃系火力キャラのアズリウス。
スキル2では通常攻撃で敵3体を同時に攻撃できることに加えて、スキルレベルが7に達すると更に追撃が乗るという破格の性能。

また、素質「神経毒」の効果も相まって、毒による継続ダメージも入るため、範囲狙撃キャラのような使い方もできる。
メテオリーテなどの範囲狙撃キャラを持っていない場合はアズリウスで代用できることも多い。

単体狙撃はエクシアとアズリウスを育てておけばまず困ることはないでしょう。
昇進優先度とスキルレベルアップの優先度は高め。

公開求人タグ

遠距離・火力


キャラクター詳細

基礎情報

【コードネーム】アズリウス
【性別】女
【戦闘経験】なし
【出身地】未公開
【誕生日】1月18日
【種族】アヌーラ
【身長】157㎝
【鉱石病感染状況】
メディカルチェックの結果、非感染者に認定。
身体状況は良好で、十分健康と言える。

能力測定

【物理強度】普通
【戦場機動】標準
【生理的耐性】普通
【戦術立案】普通
【戦闘技術】優秀
【アーツ適正】普通

個人履歴

アズリウスは経歴書が紛失したため、出身も不明である。毒性の薬剤で敵を一掃する特別行動において、優れた威力を見せた。現在狙撃オペレーターとしてロドスに在職しており、定期的に医療チームへ毒理学に関する研究を協力している。

健康診断

造影検査の結果、臓器の輪郭は明瞭で異常陰影も認められない。循環器系源石顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定。

【源石融合率】0%

【血液中源石密度】0.1u/L
源石との接触は極めて少ない。

第一資料

性格とは全く関係ないが、アズリウスの能力は確かに噂通り恐ろしく、そしてこの事実が彼女とほかのオペレーターとの距離を広げるものとなっている。ただ、前線での仕事を終え、何も言わずに負傷者の治癒をする彼女を見れば、個性的な能力のかげに隠された、真摯で穏やかな心の持ち主であること分かるはずだ。

アズリウスが使用している小型クロスボウは、かなり優れた射程と威力を持つ狙撃武器だと証明された。さらに彼女が調合した毒薬を含んだ矢は、敵に致命的なダメージを与える。アズリウスは、「優雅ではないから」という理由で、敵に悲惨な死に方をさせない。

第二資料

アズリウスいよると、小さい頃から、自分自身が「毒物」だということを理解していた。命あるものもないもの、全てのものには弱点がある。その小さな弱点を特定の毒物を利用して、致命傷までに発展させることが、自身の「毒物」としての致命傷があると解釈している。

現段階のアズリウスの毒物生成能力に関して、ケルシー医師は自ら研究を行い、日常的にサンプリングを行っている。アズリウスが安心したのは、ロドスという組織は適材適所で仕事ができ、強い道徳観に縛られることはないため、毒物能力を最大限に活用できることだ。

アズリウスは自分が「毒物」である事実に、やや否定的な様子だ。「もしその能力がみんなに受け入れられ、自分が毒物であっても誰も態度も変わらなければ自分の能力を受け入れられるか」という質問に対して、アズリウスははっきりした答えを出さず、しかし礼儀正しくかつ曖昧な態度で誤魔化した。

アズリウスは自分が毒物であることにまだ嫌悪感を抱いているか、徐々に受け入れられるようにはなったが自分と接すると態度が変わる相手と対峙すると複雑な思いを抱えるのか、その答えはドクターが彼女に接してから明らかになるだろう。

第三資料

現在判明しているのは、アズリウスは独特な戦い方で「毒物」として名が知られ、日常生活にも影響が出ているとのこと。

医療チームによる彼女の「毒物」能力の詳細な測定結果はまだ公開されていないが、確定できるのは、日常生活の中で彼女と接しても、毒物能力による影響はないということ。そして彼女は、毒薬の配合方法や毒理学の知識が豊富という二点である。

アズリウスは戦闘以外の時間は基本的にロドスに留まり、デザート作りなどの手間のかからない作業をする。グム(ウルサスの学生、現在支援部食堂のバイトをしている)によると、アズリウスのデザートは「甘いものを普段食べない人でもつい食べたくなってしまう」ほど美味しいらしい。

しかし、彩りは問題があるようで、数名の試食者によると、確かに味はそれほど言われる価値はあるが、完成品の配色をそこまで個性的にしなくてよかったとのこと。デザート作り以外にファッションセンスもよく、流行りのコーディネートに興味があり、ロドス支援部や貿易部にコーディネートにアドバイスをしている。

第四資料

決定的な証拠はないが極秘ルートから得た情報によると、大型生物との戦闘に、アズリウスの姿が数回目撃されたことがあるらしい。しかしこれらの情報は証明されておらず、参考になる写真や映像などの資料も一切存在しない。アズリウス本人は一度も当該作戦との関連性を示していない。
また、そういった経歴も一切口にしていない。

【権限記録】
当時その場にいた人の証言によると、アズリウスがスペクターと会った時、スペクターに一度挨拶をした。しかしアズリウスは誰に対しても礼儀正しく接するため、この情報は参考にならないと判断された。個人への対応の偏差を防ぐために、今後そういった情報にはもっと慎重に審査すべきである。

アークナイツ攻略&キャラまとめー詳細・評価・使用感ーに戻る