星5/キアーベの詳細・評価・使用感|アークナイツ

2021年6月19日

スキル・素質

スキル 効果
突撃指令γ 所持コスト+12
火炎剥離 所持コスト+10。周囲にいる敵全員に攻撃力の220%の術ダメージを与え、5秒間術耐性-10%
素質 素質詳細
機械整備 【昇進1】配置中、★1ユニットの再配置時間-60%。配置中の★1ユニット1体につき、自身の攻撃力と防御力+7%
機械整備 【昇進2】配置中、★1ユニットの再配置時間-75%。配置中の★1ユニット1体につき、自身の攻撃力と防御力+11%

性能評価・使用感

性能評価:B++


公開求人タグ

近距離・COST回復・火力


キャラクター詳細

基礎情報

【コードネーム】キアーベ
【性別】男
【戦闘経験】六年
【出身地】シラクーザ
【誕生日】9月9日
【種族】ヴァルポ
【身長】182cm
【鉱石病感染状況】
体表に源石結晶の分布を確認。メディカルチェックの結果、感染者に認定。

能力測定

【物理強度】標準
【戦場機動】標準
【生理的耐性】標準
【戦術立案】普通
【戦闘技術】優秀
【アーツ適正】標準

個人履歴

シラクーザのある町の自動車修理工場の元職員。後にグループを立ち上げ、「キアーベ一味」の頭領となった。
とある事件を経て、二人の手下と共にロドスに加入。強襲担当として前線で活躍する。

健康診断

造影検査の結果、臓器の輪郭は不明瞭で異常陰影も認められる。
循環器系源石顆粒検査の結果においても、同じく鉱石病の兆候が認められる。
以上の結果から、鉱石病感染者と判定。

【源石融合率】5%
体表に低レベルの源石結晶が認められるが、症状はコントロールされている。

【血液中源石密度】0.21u/L
感染状況は安定しているが、治療に遅れが生じたため、病状が悪化する可能性あり。

第一資料

いつも爽やかな笑顔を見せているヴァルポの男性。
大胆不敵で自由奔放な性格。話によると、彼は初めてケルシー医師と会った時もその態度を貫いたため、ロドスでの初日は医務室で過ごしたらしい。
思いついたら即行動。その内容はいつも馬鹿げたものであるが、彼には人を動かす何かがあるように思える。

第二資料

敵意を見せるブローカと慎重なアオスタ。この手下たちとは違い頭領のキアーベは、ロドスに来た次の日にはここの空気に馴染んでいた。
本人の話によると、彼は小さい頃に学校を辞め、自動車修理工場で働いたそうだ。並行して裏で当地のギャングの活動にも参加していたという。
そしてそんな中、アオスタと出会った。意気投合した二人は、その後の事件で救い出したブローカを勧誘。三人のグループとなって活動していたが、ある時しくじって命を狙われ、通り過ぎたロドスのオペレーターに助けられたのである。

第三資料

長い間自動車修理工場で働いたキアーベは、三人の中で最も物を改造することに長けている。
イメージと違い、彼は自分の専門分野において造詣が深い。自動車の修理も各種の改造もお手の物、興味の延長として電気製品についてもある程度の知識を持っている。
しかし彼の改造に関する苦情は後を絶たない。彼は破天荒な性格ゆえ、他人のものでもお構いなく、独断でそれを改造してしまうのだ。そのことで色々問題を引き起こした結果、皆は彼に改造を任せることについて慎重になった。

第四資料

アオスタのキアーベに対する評価は的を得ている。
「このままでは彼は長生きできません。」
注意すべきは、キアーベは神算鬼謀の知性があるわけでも、桁外れな戦闘能力を持っているわけでもないことである。総合的な能力はオペレーターたちの中では平均レベルで、気も散りやすい。客観的に言えば、彼はいつ死体として道端の溝で発見されてもおかしくないのだ。
しかしこれもまた妙なことである。
具体的に何が妙であるか、少し誇張して伝えよう。
キアーベがどんな人物かと聞かれると、皆口を揃えて「生意気な奴」と言うのだ。しかし多くの人はその後「そういう奴だから」と笑う。更に中には、キアーベに危機が迫ると、当然のように手を差し伸べる者もいる。皆はキアーベのことをそんな風に評価しているのだ。彼はいつも人々に強烈な印象を与えるが、どこか憎めないところがある。
しかし逆に言うと、突然彼の訃報を受けたとしても、ほとんどの人は平然と受け入れるであろう。「そういう奴だから」と言いながら。
彼はそういう矛盾に満ちた面白い人物である。

アークナイツ攻略&キャラまとめー詳細・評価・使用感ーに戻る