星5/クリフハートの詳細・評価・使用感|アークナイツ

2020年6月3日

Slider

スキル・素質

スキル 効果
ワイヤーシックル 次の通常攻撃時、敵を引き寄せ、術ダメージを与える
アレストチェーン 前方範囲内の敵数名を引き寄せ、防御力と術耐性無視のダメージを与え、数秒間スタンさせる
素質 素質詳細
雪境の狩人 敵をブロックしていない時、攻撃力、防御力+6%
雪境の狩人 敵をブロックしていない時、攻撃力、防御力+12%

性能評価・使用感

性能評価:A


ログボで確定入手できるスペシャリスト。
性能はスペシャリストの役割に違わず、前方の敵をとにかく引っ張ってくる。とにかく穴に落す。スタンもかける。スキルを活かすために、最低でもスキルレベルを4まで上げてから使いましょう。

ちなみに、龍門の殲滅作戦では右下ゲート穴に向かって右向きに配置するとクリフハートのみで処理できます。

シルバーアッシュとプラマニクスの妹で、気さくな性格な雰囲気が漂う。
ぜったい良い子なので早く鉱石病完治して欲しい。

公開求人タグ

近距離・強制移動・火力


キャラクター詳細

基礎情報

【コードネーム】クリフハート
【性別】女
【戦闘経験】半年
【出身地】イェラグ
【誕生日】11月28日
【種族】フェリーン
【身長】163㎝
【鉱石病感染状況】
メディカルチェックの結果、感染者に認定。

能力測定

【物理強度】標準
【戦場機動】優秀
【生理的耐性】標準
【戦術立案】標準
【戦闘技術】優秀
【アーツ適正】標準

個人履歴

クリフハートはイェラグ出身で、ロドスの現役オペレーター。ロッククライミングと登山の専門家で、様々な登攀用の道具を使いこなす。現在はロドスで鉱石病の治療を受けている。

健康診断

造影検査の結果、臓器の輪郭は不明瞭で異常陰影も認められる。循環器系源石顆粒検査の結果においても、同じく鉱石病の兆候が認められる。以上の結果から、鉱石病感染者と判定。

【源石融合率】7%
源石結晶が体表に突き刺さったことによる感染のため、その痕跡には源石結晶が顕在している。

【血液中源石密度】0.28u/L
症状は中期に差し掛かったところだが、まだ感染者に明らかな影響は生じていない。

第一資料

クリフハートは天性の探検家、クライマーであり、彼女の反射神経と耐久力は想像を遥かに超える。簡単な道具さえあれば、クリフハートは普通の人なら立ちすくんでしまうような絶壁も乗り越えてしまう。伝統的な刀剣よりも、手に馴染んでいる登山道具を扱うほうが得意で、戦場でもこれらを武器として戦う。一見威力のない雪スコップやアイスピックでも、使いこなせる人の手にかかれば多くの敵に悪夢を見せることができる。

第二資料

クリフハートはカランド山を登ろうとしていた時に山崩れに遭い、源石に太ももが突き刺さってしまったことから感染者になってしまった。幸いにも、イェラグの人々のほとんどは感染者に対しての偏見がなく、クリフハートは感染後も同じような生活をすることができた。体についている源石結晶が目立たないように、カモフラージュしている。これによりイェラグ以外の地域でも、彼女は自由に行動できる。

第三資料

シルバーアッシュ家の一人として、兄や姉のような高い地位にいなくても、人々の注目の的だ。
職責に束縛されている兄姉とは違い、クリフハートは自由に発言することができる。いつも人々に交じって彼らの話に耳を傾け、彼らの生活を知ったり、スキルを学んだり、自らの力の及ぶところで家族に貢献している。

第四資料

シルバーアッシュ家の仲睦まじさは、プラマニクスが巫女になったことで終わりを迎えた。シルバーアッシュはクリフハートに包み隠さず向かい合う手立てがなく、プラマニクスは職位によって二人との交流が少なくなった。クリフハートはこのことに憤慨しているが、三人の仲が良かった頃のようには戻れないことや、自分が何をしても無駄だということを分かっている。これが、明るい彼女から笑顔を奪った原因だ。しかし、もし兄と姉が再び手を取り言葉を交わす機会があるならば、彼女は絶対に尽力するだろう。

昇進記録

クリフハートはいつも人々に明朗快活で楽観的な印象を与えるが、実ははいたずらっ子な面がある。もしケーキの中に豆が混入していたり、職員カードが他の人の背中に貼られていたりするようなことがあったら、高確率で彼女の仕業だろう。そうでなければ、彼女はいたずらの犯人を摘発する側になるだろう。どちらにせよ、彼女はただ楽しんでいるだけなのだ。

アークナイツ攻略&キャラまとめー詳細・評価・使用感ーに戻る