星4/ドーベルマンの詳細・評価・使用感|アークナイツ

2020年5月4日

星4/ドーベルマンの詳細・評価・使用感|アークナイツ

スキル

  • 強撃β:次の通常攻撃時、攻撃力が170%まで上昇
  • 鞭撻:攻撃力+30%、素質の効果が2.1倍まで上昇

素質 素質詳細
新人担当教官 配置中、★3ユニットの攻撃力+5%
新人担当教官 配置中、★3ユニットの攻撃力+10%

性能評価・使用感

性能評価:B


ユニークな素質と長めの射程を誇る前衛オペレーター。
攻撃範囲は直線3マス、素質は星3ユニットに対する攻撃バフをかけるというもの。

その特殊な素質から低レア縛りなどの編成では見かけることも多いが、普通に攻略する分にはなかなか出番がなく、突出した能力もない。メインクエスト最初期は星3キャラクターを使用して攻略する場合も少なくないので、余裕があったらサブメンバーとして育てておいても良いでしょう。

スキルレベル・育成優先度は低~中程度。

公開求人タグ

近距離・火力・支援


キャラクター詳細

基礎情報

【コードネーム】ドーベルマン
【性別】女
【戦闘経験】6年
【出身地】ボリバル
【誕生日】5月27日
【種族】ペッロー
【身長】163㎝
【鉱石病感染状況】
体表に源石結晶の分布を確認。感染者に認定。

能力測定

【物理強度】標準
【戦場機動】標準
【生理的耐性】標準
【戦術立案】優秀
【戦闘技術】優秀
【アーツ適正】標準

個人履歴

ボリバルの元軍人であり、ロドス加入後は教官として新任オペレーターと一般オペレーターの訓練を任されている。必要とあらば捕虜への尋問も担当する。

様々な規模の軍事活動に精通しており、兵士としての高い素質も持ち合わせている。戦闘作成においては前衛オペレーターとして、第一線でチームを率いて勇往邁進する。

健康診断

造影検査の結果、臓器の輪郭は不明瞭で異常陰影も認められる。循環器系源石顆粒検査の結果においても、同じく鉱石病の兆候が認められる。以上の結果から、鉱石病感染者と判定。

【源石融合率】14%
体表に鉱石病の症状は見られない。

【血液中源石密度】0.26u/L
感染状況は浅く、現状明らかな身体への影響は見られない。

第一資料

滅多に笑わない鉄仮面教官。ロドスに加入したオペレーターは、それまでどれほどの輝かしい経歴を持っていたとしても、必ず彼女の洗礼を受けることとなる。どんな暴れ馬であっても、彼女の「調教」を受けた後は、おとなしくチームに溶け込むようになるという。

第二資料

ロドスの教官はドーベルマン一人だけというわけではなく、彼女の部下として、各項の専門的な訓練を任されている優秀な教官たちがいる。

彼らはほぼ全員がドーベルマンの教育を受けた一般オペレーターであり、厳しい選抜試験を通過した者たちだ。誇張ではなく、彼らにはロドスの未来を創っていく重大な使命が課せられている。

第三資料

軍出身のドーベルマンは規律を非常に重んじるため、彼女の訓練には十数か条の厳しい規則が設けられており、その規律を破る行為は絶対に許されない。

そのため彼女は多くのオペレーターから近づき難い印象を持たれているようだ。しかしそれと同時に、彼女はオペレーターたちの食事バランスやコンディション、果ては精神状態に至るまでに関心を寄せており、正当な理由があれば、オペレーターたちに自分のできる範囲を超えた努力を強要することはない。

しかし彼女のそんな心遣いに気づく者は少ない。それらは結局彼女のあまり気持ちを表現しない性格の致すところであるが、彼女とロドスの関係が続いていく限り、彼女の理解者も次々と現れることだろう。

アークナイツ攻略&キャラまとめー詳細・評価・使用感ーに戻る