星4/アーススピリットの詳細・評価・使用感|アークナイツ

2020年5月4日

星4/アーススピリットの詳細・評価・使用感|アークナイツ

スキル

  • 攻撃力強化β:攻撃力+20%
  • 流砂:攻撃しなくなる、攻撃範囲の敵は1.8秒ごとに1回足止めされる

素質 素質詳細
地質調査 特性による足止め効果の効果時間をわずかに延長

性能評価・使用感

性能評価:B+


事務所番長こと星4減速オペレーターのアーススピリットさん。
第2スキルの「流砂」は範囲内の敵を一気に足止めできる唯一無二の性能を持っています。

スキル1を使用した場合はオーキッドの方が減速を当てる回数が多く、足止め要因としてはあちらに軍配があがるため、基本的にはスキル2での運用がおすすめ。

とはいえ、流砂使用中は攻撃をしなくなるというデメリットもあるため、火力の高いキャラクターやショウなどの特殊なオペレーターと組みわせるのがいいでしょう。

ショウの他に相性の良いキャラクターは、ギターノやスカイフレア、エフイーター等。
昇進優先度は高め。

公開求人タグ

遠距離・減速


キャラクター詳細

基礎情報

【コードネーム】アーススピリット
【性別】女
【戦闘経験】なし
【出身地】リターニア王国
【誕生日】4月5日
【種族】キャプリニー
【身長】161㎝
【鉱石病感染状況】
体表に源石結晶の分布を確認。メディカルチェックの結果、感染者に認定。

能力測定

【物理強度】普通
【戦場機動】標準
【生理的耐性】普通
【戦術立案】標準
【戦闘技術】標準
【アーツ適正】優秀

個人履歴

アーススピリット、地質学者。環境評価、戦場分析、地形利用などの仕事において、ロドスの空白を埋めた。現在はロドスの補助オペレーターを務めながら、地質調査、天災早期警戒などの天災トランスポーターの業務も提供している。

健康診断

造影検査の結果、臓器の輪郭は不明瞭で異常陰影も認められる。循環器系源石顆粒検査の結果においても、同じく鉱石病の兆候が認められる。以上の結果から、鉱石病感染者と認定。

【源石融合率】14%
アーススピリットの体には視認可能な結晶が見られる。右腕に病巣あり。

【血液中源石密度】0.3u/L
感染は中期にあるが、まだ抑制可能な状態にある。

第一資料

アーススピリットの仕事熱心さは周知されている。石の研究に没頭すると、彼女の世界は石一色になる。噂によれば、ランチのメニューを赤土にすり替えられても彼女は気づかず、定時になるまで仕事で頭がいっぱいだ。全ての努力が報われ、かなりの研究成果を手に入れた彼女だが、定時退勤は必ず守るルールだ。

定時退勤は良好な勤務・休憩サイクルや素晴らしい人生を意味するのだ。感染者かつ研究者でもある彼女でも、このルールは譲れないものだ。彼女の勤勉さとプロ意識は全て人生プランに基づくもので、それが覆されることを彼女は決して許さない。

無論彼女に残業を強いる場合もあるかもしれないが、対価として高額の残業代を支払うほか、しばらく白い目を向けられることも確実だろう。

しかし仕事中にアーススピリットの集中する横顔と真面目な姿勢を見ると、確かに彼女は最もプロ意識の高いオペレーターの一人と気づくだろう。

第二資料

地質学者として、アーススピリットは学生時代から石の研究に深い興味を持っている。彼女の説明によれば、異なる年代や成分の土への研究は、人類の大地の歴史と経歴への理解の助けとなる(「大地」という言葉に触れると、彼女は少なくとも四つ以上の言語で説明した)。石の研究はまさにこの専門に踏み入れる最初の、そして最も重要な一歩という。

アーススピリットの得意分野はフィールドワーク。異なる種類の土と石の成分、分布や形成する歴史を熟知し、土地が人間に与える危害もよく理解している。しかしこれらの知識を戦闘に運用する日が来るなんて、彼女は思いもよらなかった。

第三資料

アーススピリットが感染者になるきっかけは、ある日の源石サンプリングに関するフィールドワークだった。

しかし自分が感染者になったことに、彼女は興味を示さなかった。感染によって今以上に源石や他の石に近づけることはなく、逆に仕事に支障をきたしているからだ。自身の病気に構う暇が全くない彼女は、治療方針を提供してくれるロドスには全面の信頼を寄せている。研究経費が不足しているため、彼女はフィールドワークの合間に、近くの村や町の天災調査と早期予防に協力している。これによって、彼女は天災トランスポーターも兼任している(本人はただの副業と主張しているが、人々がこちらの業務めがけて助けを求めてくるため彼女はかなり困惑している)。

天災トランスポーターの中で、アーススピリットと比較的に親交があるのはプロヴァンス(ロドスではオペレーターを務めるプロヴァンスは天災トランスポーターとしても機能している)。また同族の後輩である火山学者のエイヤフィヤトラに対して、彼女は仕事中にいつも気にかけている。

第四資料

アーススピリットによると、彼女のアーツユニットに付いている源石は、よく耳元に囁いてくる。最初は意味不明の騒音にすぎなかったが、彼女がロドスに入ってから、この音を少しずつ識別できるようになってきた。この感覚を彼女は不快に思うが、特注品のアーツユニットであり、リターニア流のアーツを放つと同時に音波で地質調査する機能も兼ね備えるため、他の製品に替えることは到底できなかった。

結果彼女は、この囁きを生活と仕事の一部として受け入れるしかなかった。この音はアーススピリットにしか聞こえず、他の人からの意見はまだ届いていない。鉱石病に強化されたストレスによる疲労性耳鳴りとして対処することを勧める。

アークナイツ攻略&キャラまとめー詳細・評価・使用感ーに戻る