星3/フェンの詳細・評価・使用感|アークナイツ

2020年6月6日

previous arrow
next arrow
Slider

スキル・素質

スキル 効果
突撃指令α 所持コスト+6
素質 素質詳細
軽量化 戦闘時、自身のコスト-1

性能評価・使用感

性能評価:B


ブロック数2の星3先鋒オペレーター。
使いやすく育てやすいため、まだキャラクターが揃っていない序盤の頃からお世話になるドクターも多いことでしょう。

スキル「突撃指令α」は発動時にコストを生産できる性能で、序盤のコスト管理を優位に進めることができます。

ちなみに、この突撃指令はフェンのようなαの他に「β」「γ」といったものもあり、αβγの順に性能と消費SPが上がります。

フェンの突撃指令αは性能的には高くないものの、消費SPが少なく小回りが利く仕様になっているため、使いやすさという点では軍配が上がるでしょう。
耐久性能は高くないので、星4~5の先鋒オペレーターが増えてきたら順次差し替えて運用するのがおすすめです。

育成コストも低いため、昇進優先度は高め。スキルはひとまず4上げ推奨。

公開求人タグ

近距離・COST回復


キャラクター詳細

基礎情報

【コードネーム】
【性別】フェン
【戦闘経験】女性
【出身地】カジミエーシュ
【誕生日】12月12日
【種族】クランタ
【身長】158㎝
【鉱石病感染状況】
メディカルチェックの結果、感染者に認定。

能力測定

【物理強度】標準
【戦場機動】優秀
【生理的耐性】標準
【戦術立案】標準
【戦闘技術】標準
【アーツ適正】標準

個人履歴

行動予備隊A1の隊長。以前は警備隊で実習していた経験があり、優れた戦闘能力を持っている。ロドスに加入後は順調に任務に慣れていった。加入前からの仲間だったビーグル、クルースとは行動予備隊に一緒に編成されることとなり、一人前のオペレーターになるため、共に努力している。

健康診断

造影検査の結果、臓器の輪郭は不明瞭で異常陰影も認められる。循環器系源石顆粒検査の結果においても、同じく鉱石病の兆候が認められる。以上の結果から、鉱石病感染者と判定。

【源石融合率】7.4%
体表に鉱石病の症状は見られない。

【血液中源石密度】0.2u/L
感染状況は浅く、現状明らかな身体への影響は見られない。

第一資料

戦闘中、フェンはクランタの長所である脚力を活かし、優位になる地形を占領する。機動力に影響せずに一定の件勢力を持つため、フェンはショートスピアを得意とし、様々な地形での戦闘で活躍している。

「フェンちゃんは話を最後まで聞く前に行動しちゃうタイプのせっかちさんなんだよ~。」――クルース

第二資料

クルビアの辺境地区は各国からの移民たちが集う。フェンとクルースとビーグルもそこで出会った。三人は同じ目標を抱いて警備隊に入り、初めての訓練に挑んだ。せっかちで冗談が通じないフェン、優しくて温和なビーグル、のんびりでマイペースなクルース、三人は性格がバラバラでも、いつしかお互いを支え合っている関係となった。

第三資料

正式に入隊する前、クルビアの辺境地区で突然天災が発生した。一人でも多くの住民達の避難を支援しようとしたため、三人とも飛散する源石から逃れられず、不幸にも鉱石病に感染した。たちまち差別され、ひどい仕打ちを受けたフェンは悲しくて途方に暮れた。しかし、クルースは新しい道を見つけて、二人を連れてロドスへ行った。

第四資料

ロドスへとたどり着いた後、フェン達三人はラヴァとハイビスカスと同じチームに配属され、教官のドーベルマンから過酷な訓練を受けることになった。日頃からズルをして、機会を見計らってはサボっていたクルースとラヴァを、隊長であるフェンはどうすることもできなかった。今のフェンはドーベルマン教官を目標にして、威厳のある隊長になれるように日々努力している。しかし、大好きな果物を食べるときのあのニンマリとする笑顔を見ると、威厳への道のりはまだまだ遠いだろう。

アークナイツ攻略&キャラまとめー詳細・評価・使用感ーに戻る