星4/フロストリーフの詳細・評価・使用感|アークナイツ

2020年5月4日

星4/フロストリーフの詳細・評価・使用感|アークナイツ

スキル

  • 降霜の刃:次の通常攻撃時、敵に攻撃力の105%の物理ダメージを与え、1.5秒間移動速度-20%
  • 氷結の刃:攻撃速度+5、攻撃した敵を1.5秒間移動速度-30%、更に15%の確率でその敵を1.5秒間凍結させる
素質 素質詳細
援護攻撃 攻撃範囲が拡大、攻撃間隔がわずかに延長する

性能評価・使用感

性能評価:B+


射程範囲が広い高性能ガードオペレーター。
どのステージにも起用しやすい汎用性の高さと、育成コストのコスパの良さが魅力的なキャラクターです。空中の敵に攻撃可能なのも嬉しいポイント。

第1スキルは速度デバフ付きの攻撃、第2スキルは速度デバフ付きの攻撃+凍結効果付与と、どちらも一貫して足止め系の性能になっています。スキル1は必要SPも少ないので、基本的にはこちらをセットしておいたほうが安定するかも。

どちらのスキルも使いやすいので、ステージに合わせてどうぞ。

育成優先度・昇進優先度は中~高程度。

公開求人タグ

近距離・減速・火力


キャラクター詳細

基礎情報

【コードネーム】フロストリーフ
【性別】女
【戦闘経験】七年
【出身地】クルビア
【誕生日】5月1日
【種族】ヴァルポ
【鉱石病感染状況】
体表に源石結晶の分布を確認。さらにメディカルチェックの結果、感染者に認定。

能力測定

【物理強度】普通
【戦場機動】標準
【生理的耐性】普通
【戦術立案】標準
【戦闘技術】優秀
【アーツ適正】標準

個人履歴

元クルビア少年兵。所属していた軍隊が壊滅し強制的に「引退」。その後の転々とした傭兵生活でロドスと接触し、一定の協力期間を経てロドスに吸収された。非常に豊富な戦闘経験を持つかつ本来の戦闘スキルもハイレベルのため、ロドスにとっては貴重な優れた戦力。

健康診断

造影検査の結果、臓器の輪郭は不明瞭で異常陰影も認められる。循環器系源石顆粒検査の結果においても、同じく鉱石病の兆候が認められる。以上の結果から、鉱石病感染者と判定。

【源石融合率】16%
感染は中期に入り、上腕部に明らかな源石結晶あり。

【血液中源石密度】0.45u/L
軍隊でこき使われていた彼女は、ロドス加入直後の鉱石病の進展はよくなかった。
だが今は養生によりなんとか落ち着いた。本当にめでたしめでたし。
――ワルファリン

第一資料

人ごみから離れることに慣れている少女。戦闘経験の豊富さはロドスの一般オペレーターではトップクラス。いつもクールな格好で、一人で誰もいない場所で音楽を聴くのが好き。

第二資料

フロストリーフの戦闘経験はロドス全体においてもトップレベル。彼女にとって戦場とはまるで自宅の裏庭のようなもの。

しかしそれは自慢することではない。彼女の年齢と合わせて見れば、普通の子供時代を過ごしていないのは明白だ。加えてクルビアは、過去の十年間に隣国とのトラブルが絶えず、小規模な戦争が繰り返されてきた。フロストリーフの今までの生活はどのようなものか想像できる。

フロストリーフがロドスに来た頃の様子を、多くの古参オペレーターはまだ覚えているはずだ。当時の彼女と比べると、かなり元気になったと言えるだろう。

第三資料

フロストリーフは協力傭兵としてロドスに加入したのである。
しかし正式的に加入した直後、彼女はケルシー医師により短時間内の任務参加を禁じられた。代わりに彼女に与えられた唯一の任務は、患者としてゆっくり療養することだ。これに対し当時の彼女はかなり困惑していた。戦闘以外に自分のすべきことを、彼女はまったく知らなかったからだ。幸いなことに、個性あふれるロドスの人々に助けられ、フロストリーフは戦いながら生活を楽しめるようになり、彼女の世界も色鮮やかになってきた。

第四資料

少し時間をかけて治療を受けながら、普通の生活にも慣れてから、フロストリーフはもう戦場に戻れると思っていた。彼女はケルシー医師に申請を出したものの承認されず、代わりに試し程度の出戦許可が出された。

自信を持って戦場へ向かい、前以上に戦えると思っていた彼女だが、敵に武器を振るうことが極めて困難になっていることに気づいた。後日彼女はこう語った。

あの時、とっくに忘れていたはずの少年兵時代の記憶は、満ちてくる潮のように、急に頭に浮かんできた。あの日、彼女は戦場で号泣した。それ以降、フロストリーフは徐々に今のように変わっていった。音楽好きでおしゃれで、少しクールな女の子に。

アークナイツ攻略&キャラまとめー詳細・評価・使用感ーに戻る