星5/ラップランドの詳細・評価・使用感|アークナイツ

2021年7月3日

スキル・素質

スキル 効果
影落とす時針 攻撃力+30%、20%の確率で物理攻撃をガード、退場まで効果継続
狼魂 攻撃力+60%、通常攻撃が術攻撃になり敵2体を同時に攻撃、攻撃力の100%で遠距離攻撃を行う
素質 素質詳細
精神破壊 【昇進1】敵を攻撃時、敵の一部の特殊能力を1秒間無効化する
精神破壊 【昇進2】敵を攻撃時、敵の一部の特殊能力を5秒間無効化する

性能評価・使用感

性能評価:A


公開求人タグ

近距離・火力・弱化


キャラクター詳細

基礎情報

【コードネーム】ラップランド
【性別】女
【戦闘経験】五年
【出身地】シラクーザ
【誕生日】11月11日
【種族】ループス
【身長】162cm
【鉱石病感染状況】
メディカルチェックの結果、感染者に認定。

能力測定

【物理強度】優秀
【戦場機動】標準
【生理的耐性】標準
【戦術立案】標準
【戦闘技術】卓越
【アーツ適正】優秀

個人履歴

ラップランドは経歴が不明なため、出身もわかっていない。
戦術的な強撃と粛清作戦においては十分な能力を発揮している。
現在は前衛オペレーターとしてロドスの特別行動に協力している。

健康診断

造影検査の結果、臓器の輪郭は不明瞭で異常陰影も認められる。
循環器系源石顆粒検査の結果においても、同じく鉱石病の兆候が認められる。
以上の結果から、鉱石病感染者と判定。

【源石融合率】13%
体表には既に大量の源石結晶が生成されている。

【血液中源石密度】0.27u/L
症状には厳密な経過観察が必要である。

第一資料

ラップランドの人となりを理解するのは容易ではない。
相当の戦闘マニアと思われがちだが、実は普段の彼女は礼儀正しく、積極的に人に話しかけ、ブラックジョークを披露しては相手の反応を伺う。とはいえ、ラップランドは危険な存在に変わりはない。たとえ、とてもリラックスしている状態の彼女でも、人に恐怖を与えてしまう。
顕在化している鉱石病の感染状況は重篤で、既に彼女の体に影響をもたらしているため、ラップランドは医療部の経過観察対象者になっている。
確証はないが、ある情報によると、ラップランドはシラクーザで最も危険な一族の出身である可能性が高い。
ただ、過去にシラクーザで活動していた、また現在も活動しているあらゆる一族の家系図を見ても、彼女との関係は確認されなかった。シラクーザを統治する一族に対しての調査は極めて高い危険性があることにより、関連調査作業は既に終了している。

第二資料

鉱石病から生まれる傷は生理的な側面にとどまらず、ラップランドの特定の目標への異常な執着心にも表れている。これが彼女の大量の暴力行為を誘発していると思われる。彼女の行動はある程度ロドスのコントロール下にあるが、戦場において彼女の我が道を行く戦闘スタイルは、他オペレーターとの連携の妨げになっている。
ラップランドの鉱石病の症状は特殊で、彼女の元々の戦闘能力を更に強化しているようだ。これは通常の鉱石病感染者及び未感染オペレーターではほとんど見られないケースだ。彼女の独自の武器──特殊なデザインで製造された極東風の双剣は、彼女の能力に合わせて攻撃的なアーツ効果を発揮することができる。
彼女はアーツのコントロール訓練を受けずに、天性の能力で駆使しているようだ。この種のパワーは理論上は弱くなるはずだが、ラップランドの奇特な戦闘スタイルと凶暴な攻撃スタイルにより、この弱点は完璧に克服されている。
一方で、ラップランドは特に敵の弱点を見つけることに長けており、特殊能力やアーツ能力を持つ敵に効果的だ。そのため、そういった敵は彼女の前では不利になる。数回敵の技を観察しただけで、ラップランドは敵の特殊能力を迅速に封じ込めてしまえるのだ。

第三資料

調査報告と目撃情報により、ペンギン急便の職員でありロドスに協力しているテキサスに対しラップランドは強い関心を持っているが、テキサスは故意に対面を回避していることがわかった。しかし、協力関係を結ばざるを得ない状況であっても、ラップランドはテキサスに対して過度にアタックすることはなかった。もしくは、彼女はわざとテキサスのペースに合わせ、付かず離れずの関係を楽しんでいるとさえ言える。
ペンギン急便のその他の人員に対しては、ラップランドは平等に熱心で誠実な態度を示すが、彼女の行動は未だペンギン急便のメンバーからプラスな反応を得ていない。双方が顔を合わせるたびに(このような状況は極めて稀だが)、お互いに困惑した微妙な雰囲気になってしまう。
ロドスの他のオペレーターに対しては、自身の行動を妨げようとする人以外とは、できる限り良好な関係を維持しようとしているようだ。
【権限記録】
レッドに対しループス族オペレーターは生理的な拒絶反応を示したが、その中でもラップランドの反応は最も強烈で、抑えきれない恐怖や明確な敵意、および狂喜などを織り交ぜた感情を見せた。ラップランドの極端な状況時の対策ができるまでは、レッドとの接触を完全に避けるべきであると提言する。

第四資料

【権限記録】
ある機密ルートより取得したメッセージより:
ラップランドへの接し方を慎重に選びなさい。これはあなたの未来のためだ。
彼女はヒトリオオカミ(注:ここで使われているのはループス族の俗語で、認められなかったループス族のことを指している)で、深い傷を抱えている。永遠に家族を失い、二度とほかの一族のために身を捧げることもない。
彼女が何を支えにして生きてきたのかを知る必要はない。彼女の傷を治そうとするのはいいが、これだけを覚えておけ。狂気は永遠に瘉えることはないと。
どんな過去も繰り返されてはならない。
もしそれでも彼女との関係を保ち続けると決めたのなら、そのうち選択を迫られるだろう。もしかすると……あなたはまだ彼女に牙を剥き対峙する準備ができていないのかもしれないね。
だから、もう一度この忠告をよくお聞き。あなたのために、それからあなたの大切な人の未来のために、くれぐれも選択は慎重にしなさい。

アークナイツ攻略&キャラまとめー詳細・評価・使用感ーに戻る