星3/プリュムの詳細・評価・使用感|アークナイツ

2021年6月19日

星3/プリュムの詳細・評価・使用感|アークナイツ

スキル・素質

スキル 効果
迅速攻撃α 攻撃力+6%、攻撃速度+10
素質 素質詳細
攻撃力上昇 攻撃力+4%

性能評価・使用感

性能評価:C+


公開求人タグ

近距離・火力・COST回復


キャラクター詳細

基礎情報

【コードネーム】プリュム
【性別】女
【戦闘経験】一年
【出身地】ラテラーノ
【誕生日】10月28日
【種族】リーベリ
【身長】158㎝
【鉱石病感染状況】
メディカルチェックの結果、非感染者に認定。

能力測定

【物理強度】標準
【戦場機動】優秀
【生理的耐性】普通
【戦術立案】普通
【戦闘技術】標準
【アーツ適正】普通

個人履歴

ラテラーノ出身のリーベリ族で、ラテラーノ護衛隊の元衛兵。偶然が重なって、ラテラーノを離れロドスにやってきた。現在はロドスの安全保障要因であり、基地の保安、巡回や重要物資の護衛等の任務を担当している。

健康診断

造影検査の結果、臓器の輪郭は明瞭で異常陰影も認められない。循環器系源石顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定。

【源石融合率】0%
鉱石病の兆候は認められない。

【血液中源石密度】0.09u/L
源石との接触は極めて少ない。

第一資料

ラテラーノ護衛隊に入ることを志したリーベリにとって、護衛隊の基本的な武器であるハルバードを使いこなすことが、優秀な衛兵になる第一歩だとみなされている。ずば抜けた速度を持ちながらもあまり力が強くないプリュムにとって、重いハルバードを扱うことも一種の挑戦を意味していた。護衛隊に加入した当初、プリュムは積極的に体を鍛えて、自分の欠点である力の弱さを補おうとした。

しかし、その努力は実を結ばず、彼女のパワー不足は改善されていないままである。そのせいで、ハルバードもうまく扱えなかった。護衛隊での訓練で良い成績がとれないだけでなく、実習任務中でも武器の誤操作で物を壊したりなどのドジを踏んでばかりだった。

しかし挫折しても、プリュムは落ち込むことは無かった。冷静沈着な彼女は原因を模索し続け、護衛隊の同僚と先輩に教えを請い、皆からのアドバイスを受けた後、プリュムはハルバードを使う際、技術と攻撃速度に重点を置くようにした。パワー路線を捨て技術を磨くことに没頭し、たゆまぬ努力を重ねたプリュムはついに効率的な自己流の戦闘スタイルを確立した。それは、戦場中をくまなく動き回り天性の機敏なステップで急襲し、軽やかに、的確に、高速でハルバードを駆使し、短時間で指定された目標に向かって連続で攻めることで、相手の隙きを誘発しては一気に潰すというものだ。
力強さには限界があり、防御力の高い目標の破壊等の攻撃は彼女には難しいが、一般的なオペレーターとしての職務を全うするは申し分ないように成長してきた。攻撃要員としても、防御要員としても、プリュムは安定した能力を発揮できる。更に、戦闘中の彼女は常に高揚した闘志をキープすることができる。

第二資料

仕事以外でのプリュムにはまるで生活感がない。それ以前に、彼女はまだロドスに適応している最中である。ラテラーノ護衛隊としての自分と、ロドスのオペレーターとしての自分を融合させようと頑張っているところだ。ラテラーノ護衛隊の衛兵としてのプリュムは、まじめで確固たる信念を持っており、職務に忠実で、衛兵であることに誇りを持っていた。しかし、彼女は仕事とプライベートを分別することがまるでできない。

むしろ仕事が一種の娯楽とみていた時すらあった。しかしロドスへの加入以降、プリュムは次第に別の生活を楽しむ方法を覚えはじめた。彼女の見解によると、ロドスでは、位の高い人物は命を懸けて守る必要がない(そもそもそういった人物に護衛をつける必要はないと彼女も気付いた)。生活上も今まで慣れていたような機械的、ひいては儀式的なスタイルではなく、自分だけの生活スタイルを持ったオペレーターたちを目にした。さらに、彼らの間には上下の階級などないことも分かった。ほとんどの人は自分の生活スタイルを持っているいうことは、彼女に大きな衝撃を与えた。これまでの彼女が過ごしてきた環境とのあまりの違いに、冷静なプリュムも動揺しそうになった。しかし周りに流されないように、彼女はラテラーノにいたときと似たような仕事をやろうとしていた。

だが、鋭すぎる観察力を持つ彼女は、個性的な装束や奇抜な言動といった多様な面々を目の当たりにして、気を取られずにいるのはやはり無理だった。そのため彼女は、「今までのライフスタイルを改めようと考えはじめています」とプリュムに素直に告げた。それはつまり、ロドスに溶け込もうとするオペレーターが、また一人増えたことを意味するだろう。それなら最初に、笑顔を覚えるのはどうだろう。

第三資料

ラテラーノ護衛隊のプリュムはなぜロドスにやってきたのだろうか?
至って真面目な彼女は、その理由を一切語っていない。ただ、「今の自分にはまだそのことに関して説明する権限がありません」とだけ告げてくれた。とりわけこの件の一部始終は、ラテラーノを離れた二名のベテランオペレーターが深くかかわっているようだ。プリュムの初出勤日に当直だった者の目撃証言によると、彼女は二名のラテラーノ人に引きずられるようにやってきて、自分が置かれた状況について何一つわかっていないようだった。遠慮深い性格のせいか、あるいは本当に何も知らないかはわからないか、プリュムがラテラーノを離れた理由は未だに誰にも告げておらず、彼女から今のラテラーノの状況を探ることもできない。

ただ、ロドスの橋のへり近くに凜と佇み、プリュムがラテラーノの方向を眺める眼差しには、時折、一筋の憂慮が浮かんでいるようだった。

アークナイツ攻略&キャラまとめー詳細・評価・使用感ーに戻る