星5/ズィマーの詳細・評価・使用感|アークナイツ

2020年6月3日

previous arrow
next arrow
Slider

スキル・素質

スキル 効果
突撃指令γ 所持コスト+12
ウルサスの雄叫び 効果時間内所持コストが徐々に増加(合計9)、先鋒ユニット全員の攻撃力、防御力+25%、敵を倒すたび所持コスト+1
素質 素質詳細
カリスマ・先鋒 戦闘時、自身のコスト-1
カリスマ・先鋒 配置中、味方【先鋒】のコスト-1

性能評価・使用感

性能評価:A


先鋒ユニットにバフをかけながらコストを供給する、補助攻撃型の先鋒。
その補助的なスキルから、シージなど強力な先鋒ユニットとの相性が良い。テキサスとはよく比較対象になるが、攻撃型のテキサスとは役割が異なるので理解しておいた方が良い。

ぱっと見だと分かりにくいが上着の下には制服を着ている。また、図鑑を見ると思慮深く優しい性格なのが良い味を出してる。イースチナと仲良し。

公開求人タグ

近距離・COST回復・支援


キャラクター詳細

基礎情報

【コードネーム】ズィマー
【性別】女
【戦闘経験】半年
【出身地】ウルサス
【誕生日】7月29日
【種族】ウルサス
【身長】162㎝
【鉱石病感染状況】
メディカルチェックの結果、非感染者に認定。

能力測定

【物理強度】優秀
【戦場機動】標準
【生理的耐性】優秀
【戦術立案】普通
【戦闘技術】標準
【アーツ適正】普通

個人履歴

ズィマーはチェルノボーグ事変以前は城内の高校に通っており、その頃から既に戦闘や突撃行動への情熱を持ち始めていた。様々なテストを通し、ウルサス人の生来の頑丈な体や強い力を持っていると明らかになった。現在は先鋒オペレーターとして、所属小隊の隊長を務めている。

健康診断

造影検査の結果、臓器の輪郭は明瞭で異常陰影も認められない。循環器系源石顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定。

【源石融合率】0%
鉱石病の兆候は見られない。

【血液中源石密度】0.1u/L
源石との接触は極めて少ない。

第一資料

ズィマーは、一般的に短期でセンシティブなイメージがあるウルサス人とは違う。率直な物言いをするが、その言い方がどのような影響を及ぼすかは考慮しており、彼女の言ったことや取った行動は、全て自分の判断に従い、良しとしたものである。とはいえ、仲間がいじめられたと認識した場合は、理由を問わず彼女は絶対にその仇を討つ。

つまりズィマーの発言に関しては、単なる若者の冗談だと認識せずに、柔軟な対応が必要となる。
なお、イースチナの発言によりズィマーを抑えられる傾向がみられる。そのためにはイースチナとの意思疎通を保つと同時に、ズィマーにロドスとの利益の一致を実感させる必要がある。

第二資料

ズィマーはウルサス帝国のチェルノボーグ市の生まれ。観察報告によると、学生自治団とは近年ウルサスの若者たちの間に流行っている組織。ヴィクトリアやクルビアなどからの「新文化」の影響で、ウルサスの若者の間ではロックやビール、集団の殴り合いが流行している。全ての学生自治団のリーダーはそれぞれあだ名を持つが、ズィマーの最初のあだ名は、敗れた東キャンパスの自治団リーダーから贈られた「冬」であった。そしてもう一つの自治団からは「将軍」と呼ばれていた(揶揄の意味が強い。ウルサス人の冗談話では「将軍」は無能や嘘つきを意味する)。

しかし学校周辺の学生自治団が次々と彼女に潰されるにつれ、その二つのあだ名が合わさり、「е н е р а п М о р о з」と呼ばれるようになった。

第三資料

チェルノボーグ事変を生き残ったウルサスの学生たちは、現在はズィマーを中心に「ウルサス学生自治団」を立ち上げたことが明らかになった。一部のオペレーターの報告によると、学生たちはよくイースチナの部屋に集まっており、この集まりを「к л а с с」(共通語でいうと「クラス」)と称している。ロドス内部の安全管理を考慮し、このグループの普段の行動を定期的に観察することを提言する。

第四資料

ズィマーの最近の読書記録:
『ニコライミナ』夏のコーデ100連発!
『ダイナミック!』特集・今年のダイナミックイヤホン10選
『容疑者イリイチの死』(推理小説)
『フリードリヒの戦争論』(ヴォルホフ出版、10月第2刷)

……

イメージとは違いズィマーは読書好きであり、その趣味の広さが非常に印象付けられた。
そのため、現在の女子高生の流行りものを改めて調査する必要がある。

アークナイツ攻略&キャラまとめー詳細・評価・使用感ーに戻る